2023年12月31日 降誕節第1主日 マタイによる福音書2章1~12節

1 イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。

 そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、

2 言った。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。

 わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」

3 これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。

4 王は民の祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこに生まれることになっているのかと問いただした。

5 彼らは言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者がこう書いています。

6 『ユダの地、ベツレヘムよ、お前はユダの指導者たちの中で決していちばん小さいものではない。

 お前から指導者が現れ、わたしの民イスラエルの牧者となるからである。』」

7 そこで、ヘロデは占星術の学者たちをひそかに呼び寄せ、星の現れた時期を確かめた。

8 そして、「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。

 わたしも行って拝もう」と言ってベツレヘムへ送り出した。

9 彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。

10 学者たちはその星を見て喜びにあふれた。

11 家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、

 宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。

12 ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った。

目次

<説教> 「東の方から」

今日はオンライン合同礼拝です。

2023年最後の日に、皆さまと共に礼拝を守れることを感謝いたします。

私たちは新型コロナウィルスの感染拡大という悲劇的な経験をしましたが、そのためにオンライン礼拝も普及し、こうして離れた場所におられる皆さまと一緒に礼拝できるようになりました。

私たちの主は、どんな悪いことも、良いことに変えてくださる方だと実感しています。

さて、今日の聖書箇所はクリスマス・ページェントでもおなじみ、東の方から博士たちがイエス・キリストを拝みに来る場面です。

あれ、クリスマスは過ぎたのにまだクリスマスの物語なの?

いえいえ、実は1月6日のエピファニー・公現日までがクリスマスです。エピファニーはもともと東方のキリスト教の祭りで、イエス・キリストの洗礼を記念していましたが、西方のキリスト教では東方の博士らの訪問を記念する日となりました。エピファニー・公現日とは、漢字で公に現れる日と書きます。ユダヤ人ではない、私たち異邦人にも主が現れてくださった!そのことを祝います。

イエスはヘロデ王の時代に、ユダヤのベツレヘムでお生まれになりました。ベツレヘムは、今日のパレスチナ、ヨルダン川西岸地区にある町です。ユダヤ人の都、エルサレムからは10kmほどの距離。ダビデ王の出身地ですが、「エフラタのベツレヘムよ お前はユダの氏族の中でいと小さき者」(ミカ書5章1節)と言われ、小さな町だったようです。神は私たちのようには物事を見ず、小さなものを選ばれる。それによって神の栄光が現わされる。そのことがここにも表れています。

ヘロデ王とは、息子たちと区別するためにヘロデ大王とも呼ばれます。彼はイドマヤ人でした。イドマヤ人とは旧約聖書に出てくるアブラハムの孫、ヤコブの兄弟、エサウの子孫であるエドム人(創世記36章)のこと。ヘロデはそのイドマヤ人の有力者の家に生まれました。

バビロン捕囚後にできたハスモン朝の時にイドマヤ人はユダヤ人と同化されます。その後、ハスモン朝は内紛によって弱体化しローマ帝国に支配されましたが、ヘロデはローマの信頼を受け、ユダヤの王となりました。イエス活躍した時代のエルサレム神殿は彼が改修したものです。ローマ帝国のもとで優れた王だったようですが、権力を守るため妻や息子を殺害するなど、家庭の不和に苦しみます。今日の聖書箇所に出てくる幼児虐殺の記事は、他の福音書や歴史書には出てきませんが、ヘロデならばやりかねないと、当時の読者からも受け止められていたことでしょう。

さて、ヘロデのもとへ東の方から占星術の学者たちが訪ねてきます。

学者たちの数は書かれていませんが、黄金・乳香・没薬という贈り物の数から、3人の博士というイメージが定着します。また預言書、イザヤ書60章3節「国々はあなたを照らす光に向かい

王たちは射し出でるその輝きに向かって歩む。」から、後に異国の王というイメージも付きました。

彼らが献げた贈り物は、黄金・乳香・没薬。黄金は高価な金属ですから王を表します。乳香・フランキンセンスは神殿で神に献げる香ですから神や祭司、預言者を表します。没薬・ミルラは香や薬として、また葬りの時に用いられました。これはミイラの語源になったとも言われており、イエス・キリストの十字架での死を表わしていると考えられます。これらの贈り物は、イエス・キリストの生涯を示しているのです。

いずれも高価で貴重な品々で一般の人が普段から目にするような物ではないはず。常識的に考えれば、若く貧しい大工の夫婦の子として生まれた赤ん坊への贈り物としては不釣り合いで、イエス・キリストの両親であるマリアとヨセフはきっとびっくりしたことでしょう。まして、遠い異国から立派な身なりの学者たちが、会ったこともない自分たちの子どもを拝みに来るなんて!

今日のように飛行機も車もない2000年前の出来事。高価な贈り物を携えて、命がけで長い道のりを旅してきた学者たち。彼らはなぜそんなことをしたのか。ユダヤ人の王が生まれたというけれど、それが異邦人である彼らと一体何の関係があるのか。イエスはユダヤ人の王として生まれ、「自分の民を罪から救う」使命を与えられていました。(マタイ福音書1章21節)

きっと東方の学者たちは、イエスの民とは、ユダヤ人だけでなく、異邦人も含めたすべての人であることを知っていたのでしょう。確かにユダヤ人は神から選ばれた民族でしたが、それはアブラハムを通して、世界のすべての民が祝福されるためでした(創世記18章18節)。

ただ、星に導かれてやってきた彼らも、はじめは詳しいことまでは知らなかったようです。救い主はユダヤ人の王としてお生まれになったのだから、きっと王宮で生まれたのだと思ったのかもしれません。ユダヤの首都エルサレムに来て「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」と尋ねました。

彼らから新しいユダヤ人の王の誕生を聞いたヘロデは不安を抱きます。

それも無理はありません。せっかく苦労してユダヤの王になったのに、自分の地位が脅かされる!どれだけ自分が苦労して今の地位を守って来たか。ローマに忠誠を誓い、ユダヤ人の歓心を買うためにエルサレム神殿も改修した。命を狙われることもあり、自分の身内、妻や息子にまで手をかけた。それなのに、そのすべては自分から取り上げられてしまうのか。

ヘロデが不安を抱いた時、エルサレムの人々も同様だったと書いてあります。

自分たちのための王、約束された救い主が生まれたはずなのに、なぜ彼らは喜ばなかったのでしょうか。ヘロデは冷酷なところがあるとはいえ、ローマ帝国とうまく付き合っていました。その治世は比較的安定したものだったのかもしれません。だから救い主が来て、ローマと戦争になって、自分たちの安定した暮らしが脅かされては困ると思ったのかもしれません。もしくは、きっとヘロデ王が怒ると考えて、その怒りを恐れたのかもしれません。

しかし、ヘロデはローマ帝国の下で自分の地位を守り続けた優秀な王でした。怒りや不安を隠して、その新しいユダヤ人の王がどこで生まれたのかを知ろうとします。

王は民の祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこに生まれることになっているのかと問いただし、預言ではベツレヘムで生まれることになっていることを知ります。そして、そのことを学者たちに告げ、星はその子がいつ頃生まれたと言っているかを聞き、学者たちにその子を探すように依頼します。「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう」と。

彼らはエルサレムへ向かい、星に導かれ、ついにイエス・キリストに出会います。あぁ、星の知らせは本当だった。自分たちは報われた!彼らは喜びながらできる限りの献げものをし、幼子を礼拝します。その後、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行きました。

ご存じの通り、ヘロデはイエスを拝む気などありませんでした。学者たちから幼子の居場所を聞き、殺そうと思っていたのです。学者たちが逃げたことを知り、ヘロデはイエスの命を取るために、ベツレヘム周辺にいた同じ年頃の子どもたちを虐殺します。

しかし、イエスは無事でした。彼の両親にも夢でお告げがあり、エジプトへと逃れたのです。

エジプトはイスラエルの隣国であり、ユダヤ人・ヘブライ人たちはしばしば国で困難があるとエジプトに避難しました。アブラハムやヤコブもそうでした。神は迫害を受ける人々とともに、命を狙われ、家を追われた人々、難民の中におられる。

この箇所を読むとき、皆さまはどのようなことを感じられるでしょうか。

私はこの物語を読むとき、今日のパレスチナ、ガザとイスラエルの戦争のことを思わずにはいられません。ハマスのしたことも酷いですが、それに対して尋常ではない報復がなされています。すでに2万人近くが亡くなり、その大多数が子どもだということです。ガザの人々はイスラエルの空襲によって、虐殺され、エジプトへと追いやられようとしています。神はこれを見てどのように思われるでしょうか。「殺してはならない」神がモーセを通して与えられた命令は今も生きているはずです。「復讐してはならない」「敵を愛しなさい」「隣人を自分のように愛しなさい」イエス・キリストを通して与えられた神のご命令は、このような時こそ、私たちを導く光です。

私たちが神の言葉に背を向けるとき、私たち人間は、イエスを殺そうとし、子どもを虐殺したヘロデ王と同じようになってしまいます。私の中にも、不安や自己中心的な思いといった、ヘロデのような心があります。私たち一人ひとりの中にも、ヘロデがいるのではないでしょうか。

でも本当は、イエス・キリストはヘロデにとっても救い主のはずです。彼はすべての人の救い主なのですから。ヘロデが本当にイエスを拝んでいたなら…。権力を守るために身内ですら殺しあう、地獄のような生き方から解放されていたかもしれません。

「お前たちの血にまみれた手を洗って、清くせよ。…悪を行うことをやめ善を行うことを学びなさい。…論じ合おうではないか、と主は言われる。たとえ、お前たちの罪が緋のようでも雪のように白くなることができる。たとえ、紅のようであっても羊の毛のようになることができる。」(イザヤ書1章より)

イエス・キリストは、すべての人の罪を赦し、神の子となるように招いておられます。救いのボールは私たちに投げられました。私たちは東方の学者たちのように招きを受けるか、それともヘロデのように招きを拒むのか、その二つの選択肢があります。

来る年、私たちがイエス・キリストに従うことが出来ますよう、平和を願い、ともに祈りましょう。

目次